ジムでダイエットする場合効果的な運動とは?

kettle-bell-592905_640

 

パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

「最近お腹周りが気になる」
「昔のズボンが履けない」
「年を重ねるごとに体重が減らなくなってきた」

 

そして、

ダイエットのためにジムで運動しようと
考えている方が結構いらっしゃると思います。

 

ところで、どんな運動をやろうと
思っていますか?

 

「ランニングマシンで走る」
「スタジオレッスンでガンガン動く」
「筋トレで筋肉をつける」

いろいろ考えがあると思いますが、
効率よくやせるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今回はその答え、
効率よくやせる方法
をお伝えします。

 

一昔前ですと、ジムでダイエットといえば
ジョギングやウォーキングなどの、
有酸素運動が主流でした。

 

しかし現在では、有酸素運動よりも
脂肪燃焼効果が高い運動があります。

 

それが何かというと、
インターバルトレーニング
です。

 

インターバルトレーニングとは、
「30秒動いたら10秒休み」のように、
“運動→休憩”を繰り返すトレーニング法です。

 

特に強度の高い運動をくり返す
インターバルトレーニングは、
数々の実験で他のトレーニング法より、
脂肪燃焼効果が高いことが証明されています。

 

実験によっては、
「脂肪燃焼効果が2倍高い」
そんな結果もあります。

 

個人差があるので、
2倍まではいかなくとも、
他のトレーニング法よりも
ダイエット効果が高いのは確かです。

 

 

また、インターバルトレーニングには、
他にもよい効果があります。

有酸素運動を長時間行った場合、
筋肉まで減ってしまう場合があります。

 

筋肉が減ってやせてしまうと、
カラダが貧相になってしまいます。

そのため、筋肉を減らさずに
ダイエットする必要があるのですが、
インターバルトレーニングは、
筋肉が減りづらいのでこの点は安心です。

 

他には、インターバルトレーニングのほうが、
運動後も脂肪燃焼効果が長く続く特徴もあります。

そのため、運動時だけでなく、
運動が終わった後も脂肪が燃え続け、
トータルでみて、有酸素運動よりも
脂肪が減っていくのです。

 

 

ただし、いいことばかりではありません。
インターバルトレーニングにも欠点があります。

それは脂肪燃焼など、高い効果をえるには、
強度の高い運動を行う必要があることです。

 

つまり“運動がきつい”んです。

 

わたし自身、選手のときは、
試合前は必ずインターバルトレーニングを
行っていました。

 

スタミナもつくし、脂肪が減って
ダイエット効果も高かったので、

試合に向けての、体力つくりや減量
にもってこいでした。

 

でも、いつもやっていたかというと
そうではなく、

「きついので、試合前だけ」

それがマイルールでした。

 

ここまで聞くと、「できるか不安」
そう思うかもしれませんが、
安心してください。

 

選手でない限り、わたしのような強度で
行う必要はありません。

 

まずは自分でこなせる強度から行い、
無理なない範囲で、少しづつ強度を
上げていけばよいのです。

 

 

また、強度がある程度高い分、
誰かと行うことをおすすめします。

ひとりではできないようなトレーニングも、
みんなでおこなうとできてしまいます。

 

インターバルトレーニングが
終わったときの達成感は最高ですよ。

ぜひ、みんなで行い、
達成感を味わってください。

 

 

ここまでインターバルトレーニングについて
お話してきましたが、ひとつ問題があります。

 

それは、ダイエットに効果的な強度で、
インターバルトレーニングを行っている
ジムが少ないことです。

 

わたしが活動している
ファイト&フィットネスPUREBREDでは、
週2回インターバルトレーニングのクラスがあります。

 

ダイエットに効果的な、
ハードな強度でも行えますし、
軽めの強度から行うことも可能です。

 

体力に合わせて強度が選べるので、
運動初心者の方も安心して行えます。

興味がある方は下のリンクをご覧ください。

グループレッスン

 

最後に

ダイエットに効果的な運動を
ご紹介しましたが、もっと効果的に
ダイエットする方法があります。

それは”食事”です。

 

いくら運動しても、食べ過ぎてしまえば
やせません。

 

ダイエットの効果を決めるのは、
8割が食事、2割が運動”です。

食事をコントロールすることで、
効果的なダイエットが可能です。

 

ただし食事は個人差が大きいので、
ある人には適した方法でも、
ある人には効果が低い場合があります。

また、食事の好みもあるので、
食事を変えてダイエットするなら、
個別にアドバイスを受けることを
おすすめします。

 

食事+運動の個人レッスンをご希望の方は、
パーソナルトレーニングをご利用ください。

→ パーソナルトレーニングお申込み
→ パーソナルトレーニング詳細
→ パーソナルトレーニングお問い合わせ

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

Spread the word. Share this post!